栄養機能食品の青汁

栄養機能食品の青汁

栄養機能食品というのは、特定保健用食品と分類される保健機能食品の一つであり、私達消費者が安心安全に食品を選ぶことが出来るように、平成13年に制度化されることとなりました。
最近では、ライフスタイルに乱れが生じている方が多く、また高齢化社会を迎えて一日に必要な栄養成分を十分に摂取出来ていない傾向にあります。
そのような方の栄養成分の補給のために販売している食品となります。

栄養機能食品として発売する場合、国が定めている一日の摂取目安の栄養成分量における上下限値基準に適合していることで、含まれている栄養成分の機能表示が可能になります。
「機能表示が認められていない成分機能の表示」や「医薬品と誤認されるような表現」などの使用は禁止されていますが、注意事項を守り適切な表現がされていれば、国へ許可申請をしたり届け出をする必要はありません。
青汁では、例えば株式会社ファインの「日本の青汁」、伊藤園の「毎日一杯の青汁」などが栄養機能食品の青汁として発売されています。

具体的に青汁にはどのような効果があるのかといいますと、それはやはり健康効果ではないでしょうか。
食生活で栄養バランスが乱れている方、忙しくて食事を抜いてしまう時がよくある方、などには大変オススメで、乱れた栄養バランスを正常な状態に戻してくれます。
その結果、病気にかかりにくい体質となり、健康的な身体の維持に繋がります。

そして美容効果も見逃せない青汁の効果であり、有名なところでは老化防止、いわゆるアンチエンジング効果が期待出来ます。
ビタミンB群が豊富な青汁は、お肌のターンオーバーやその他様々な新陳代謝を活性化させる作用があり、シワやたるみ、ニキビ、吹き出物、シミなどといったお肌トラブルを予防することが出来ます。

このような様々な効果を得られる青汁ですが、医薬品のように飲めば誰でもすぐに効果を実感出来るものではありません。
健康補助食品や栄養機能食品というのは、長期的に飲み続けることでその効果が徐々に現れてくることから、「一回飲んだからもう大丈夫」というワケにはいきません。
健康的で美しさもある身体を目指しているのでしたら、最低でも数ヶ月間は毎日続けるようにしましょう。

ただ長く続けるためには、飲みやすいタイプの青汁を選ばなければいけません。
味もそうですが、粉末状やサプリメントタイプ、飲料タイプなど複数の種類がありますので、ライフスタイルに合わせて自分に合うものを選ぶようにしましょう。

ページのトップへ戻る