青汁で睡眠の質を高めよう

青汁で睡眠の質を高めよう

「朝どうしても起きるのに苦労する」「目覚めてもなんだか身体がスッキリとしない」など、目覚めが悪くて悩んでいる方も多いかと思います。
そんな時には睡眠の質を高める効果が期待出来る青汁をオススメします。

でも青汁を飲んだところで、どうして快眠に繋がるのか気になりますよね。
原料はケールや明日葉のような野菜ですし、他にも味付けでフルーツやハチミツなどが使われている程度で、快眠効果のある化学成分は一切含まれていません。
しかしメラトニンと呼ばれる、快眠効果の高い成分が豊富に含まれているのです。

このメラトニンというのは、日中は分泌を抑制し、周囲が暗くなることで分泌量が増え、徐々に眠気が出てきます。
つまりメラトニンが不足していると、質の良い睡眠をとることが出来なくなるのです。
メラトニンが多く含まれている食材として「トウモロコシ」「かいわれ大根」「生姜」などが挙げられますが、せいぜい50ng~140ng程度です。

さて気になる青汁に含まれているメラトニンですが、例えばケールでしたら、なんと4300ngも含まれているのです。
他の一般的な食材と比べて圧倒的な量を誇っていることがよくわかります。

青汁を使って睡眠の質を上げる必要のある方として、昼間外出せずにずっと部屋や会社などにいる場合です。
身体は常に夜間だと認識してしまい、日中でもどんどんとメラトニンを分泌させてしまうのです。
そこで青汁を飲むことで快眠が出来るというワケです。

他にも鉄分やマグネシウム、カリウム、ギャバ、たんぱく質なども睡眠の質を高めるのに重要な役割を持っています。
現代人の多くは鉄分が不足しているといわれていますが、鉄分の摂取量が足りないと寝付きや目覚めが悪くなります。
そして、マグネシウムやギャバは、神経が高ぶってしまうのを抑制する働きがあるため、翌日に重要な用件があってなかなか眠れない時の寝付きも良くなります。
カリウムやたんぱく質は、睡眠を深くし、夜中に起きてしまうのを防いでくれます。
メラトニン以外にも、これら全ての成分が青汁にはバランスよく含まれていますので、睡眠の質を高めたい場合には、青汁がオススメなのです。

青汁の人気ランキングはこちら→ http://skwpspace.com/main9.html

ページのトップへ戻る