錠剤タイプの青汁を飲む

錠剤タイプの青汁を飲む

青汁は各メーカーから様々な形となって販売しており、人それぞれの生活環境やライフスタイルによって自由に選ぶことが出来ます。
今注目されているのが錠剤タイプの青汁なのですが、この錠剤タイプにはどのようなメリットがあるのか簡単にご説明します。

医師から処方されたり、薬局やドラッグストアなどで購入出来る医薬品というのは錠剤のケースが多い傾向にあります。
錠剤でしたらいつでもどこでも決められた時間に服用することが出来るため、外出先でもわざわざ時間を作ること無く簡単に服用出来ます。
やはり錠剤のメリットはこの手軽さにあるかと思います。

それでは、粉末状の青汁と錠剤タイプの青汁を比較した時、栄養価や値段にはどのような違いがあるのでしょうか。
まず値段についてですが、これは各青汁によって大きく異なります。
例えば粉末状ですと、サントリーの「極の青汁」が3,240円、えがおの「青汁満菜」が2,656円となり、錠剤タイプですと、ステラの「贅沢青汁」が4,743円、ミーロードの「酵素青汁111選」が2,980円となります。
つまり、粉末状や錠剤を比較してどちらが安価でどちらが高価なのかという特徴は無いことがわかります。

次に栄養価についてですが、粉末状と比較すると、多少劣っています。
例えばキューサイの青汁の場合、エネルギー、たんぱく質、食物繊維、ナトリウム、ビタミン類、カルシウム、カリウムなど、あらゆる栄養成分が粉末状の方が勝っています。
それでいて価格は殆ど変わりません。
栄養価を第一に考えて粉末状にするか、それとも利便性から錠剤タイプを選ぶかは人それぞれのライフスタイルに合わせれば良いかと思います。

ちなみに青汁の匂いや味自体が苦手な方は、錠剤タイプでしたら何の抵抗もなく飲むことが出来るのでオススメです。

もし錠剤タイプの購入を検討しているのでしたら、まずはインターネットの公式サイトへアクセスしてみてください。
そこには初回割引やお試しセットなどのお得なキャンペーンが行われていることが多く、とってもお得に手に入れることが出来ます。

ページのトップへ戻る